1. TOP
  2. 医療機関の方へ
  3. JMHCの渡航支援

JMHCの渡航支援

JMHCの役割-1

ジャパンメディカル&ヘルスツーリズムセンター(JMHC)は、日本最大の旅行会社JTBグループが設立した機関です。ヘルスツーリズムという健康旅行のノウハウと高次元での接遇ノウハウを有しており、他では体験できない快適なサービスをご提供いたします。

訪日外国人の受入れに関しては、これまで海外から直接医療機関に予約が入るケースが多数ありましたが、言語の問題や医療機関側での予約・精算管理などの受入れノウハウが必要であり、訪日外国人を受け入れる為の十分な体制がとれていませんでした。
ジャパンメディカル&ヘルスツーリズムセンターでは、医療機関へのコンサルティングを通じて、医療機関に代わり、予約手続き代行から受診するまでと、JTBグループ会社と連携し、通訳や医療機関までの交通・宿泊手配などを総合的に提供できる体制を整えます。

また、日本国政府は2011年1月、規制緩和により外国人患者様のための「医療滞在ビザ」を解禁しました。医療滞在ビザにより、医療を目的とする外国人患者に対する「ビザ」の壁が低くなりました。
JMHCは、旅行業初の身元保証機関として、治療を求める外国人患者の円滑な渡航・受診を支援してまいります。

JMHCの役割-2

「訪日外国人向けメディカルツーリズム事業」は、日本医療の国際化を図る国策と連動しながら、高まるニーズに対応するB2B2C、B2Bサービスを創造していきます。

健診・検診サービスのイメージ

詳しくは、お問い合わせください。

お問い合わせ

ページの先頭へ