1. TOP
  2. JMHCについて
  3. 主要検査概要

主要検査概要

PET検査 : 陽電子放射断層撮影法(Positron Emission Tomogoraphy)

PET検査 : 陽電子放射断層撮影法(Positron Emission Tomogoraphy)

「苦痛がほとんどなく一度の検査で全身を調べることができる」「小さながんも発見することができる」として、近年注目されている検査です。

PET検査の利点

痛みなどの負担が少ないうえ、一度の検査で全身をチェックできます。

PET検査の弱点

部位によっては病巣の発見が困難だったり、相性が悪いがんがあります。

がん別に見るPET検診の有用性

肺がん、甲状腺がんは得意も、その他、食道がん、肝臓への転移がん、子宮がん、卵巣がん、悪性リンパ腫などの発見に有用とされています。膵臓がんなどは苦手。

PETでわかるがん以外の病気

アルツハイマー型認知症、心筋梗塞の発見・診断に有用。

PETによる「がん検診」推進

1.中高年(特に50歳以上)、2.がんになった近親者がいる、3.喫煙習慣などがんの危険因子がある、
の一つでも当てはまる方を対象に1?2年に1回の受診を推奨しています。PETは万能ではありませんので、
がん検診においては、PET単独よりCTやMRI、超音波検査などを組み合わせて実施するのが確実です。

CT検査 : (Computed Tomography:コンピュータ断層診断装置)

CT検査 : (Computed Tomography:コンピュータ断層診断装置)

X線を使って身体の断面を撮影する検査です。体内の様々な病巣を発見することができますが、特に心臓、大動脈、気管支・肺などの胸部、肝臓、腎臓などの腹部の病変に関しては、優れた描出能が知られています。

MRI検査 : (MagneticResonanceImaging:磁気共鳴画像診断装置)

MRI検査 : (MagneticResonanceImaging:磁気共鳴画像診断装置)

強力な磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する検査です。様々な病巣を発見することができますが、特に脳や、脊椎、四肢、また子宮、卵巣、前立腺等の骨盤腔に生じた病変に関して優れた描出能が知られています。

内視鏡検査 : (Endoscope:内視鏡)

内視鏡検査 : (Endoscope:内視鏡)

上部消化管内視鏡検査・・・
 病変の大きさや出血の有無がわかり、確定診断に役立つ。

経鼻内視鏡検査・・・
 鼻からスコープを挿入し、食道、胃、十二指腸を調べます。

下部消化管内視鏡検査・・・
 肛門から内視鏡を挿入し、大腸の病変を直接観察します。

提携医療機関検索

地域から探す

  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国
  • 四国
  • 九州・沖縄

医療プログラム検索

条件を指定して探す

カテゴリ
内容
エリア
キーワード

ページの先頭へ