1. TOP
  2. JMHCについて
  3. 日本の医療の優位性

日本の医療の優位性

長寿国“日本”の医療現状-1

世界に誇るMade in Japanの高品質は、かつて電気製品、自動車等、日本の経済成長を牽引してきました。工業製品以外にも、日本の医療は、国際的にも世界有数の優れた技術を持っていると高く評価されています。また、先進国の中でも、日本の医療の費用対効果は大きく、技術的水準も高いとされており、日本の食生活・習慣や健診制度も国際的に評価されています。

長寿国“日本”の医療現状-2

日本の先端医療技術(Advanced Medical Technology)は、患者の救命、延命、治療または予防や早期発見などができること、体を傷つけない無侵襲、または深く傷つけない低侵襲診断、治療で患者の苦痛を軽減し、生活の質 (QOL)を向上させることができる技術です。画像診断機器(コンピューター断層撮影装置CT, 磁気共鳴画像装置MRI, 陽電子放射型コンピューター断層撮影装置PET)の高度化、人口1百万人保有台数は世界最高水準であり、PET薬物送達システムによる癌治療、内視鏡低侵襲治療、がん重粒子線治療、再生医療等、世界的に大きく先行する医療分野であります。

日本の健康水準

世界保健機関(WHO)と経済協力開発機構(OECD)の報告書では、日本の医療を総合世界一と評価している。日本は、OECD加盟国中、18位という低い医療費でありながら、WHOでは健康達成度、健康寿命が第1位と評価されています。

提携医療機関検索

地域から探す

  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国
  • 四国
  • 九州・沖縄

医療プログラム検索

条件を指定して探す

カテゴリ
内容
エリア
キーワード

ページの先頭へ