1. TOP
  2. 提携医療機関(日本国内)
  3. 千葉県
  4. 日本医科大学千葉北総病院

提携医療機関(日本国内)

日本医科大学千葉北総病院 健診・検診

医療機関名:日本医科大学千葉北総病院
住所:〒270-1694 千葉県印西市鎌苅1715
設立年月日 1994年 1月
医療機関概要

1876年に創立されたわが国屈指の歴史と伝統を有する日本医科大学直営の総合病院です。当院は1994年に開院、28診療科を有しています。ドクターヘリを活用した「救命救急、急性期脳卒中、循環器救急」などの「高度急性期医療」を展開しています。「がん診療連携拠点病院」に認定され、「安全で質の高いがん診療」、「生命予後と生活の質の改善」を目指し、全診療科が、がん診療に取り組んでいます。更に、「外国人患者受け入れ拠点病院」に選定されています。医療通訳を配し、在日・訪日を問わず、外国人の精密検査(プレミアム・ドック)や診療にも対応をしています。

施設PR
【立地】成田国際空港のある成田地区に隣接、空港から電車で3駅・約20分、車で約50分
    
【健診特徴】①専門医による精密検査・がんなどの早期発見
        ②PET-CT検査を含む画像検査、生理・心機能検査、血液検査等を組み合わせた多角的検診
        ③最新型3TMRIや64列MDCT撮影装置などの高度の医療機器を使用

【その他】 中国語担当院内通訳スタッフ兼コンシェルジュ 3名(医師・看護師、全員ネイティブ)
       外国人患者応対の豊富な経験を持つスタッフ多数
専門分野
脳ドック・消化器ドック・循環器ドック
症例数等
(健診) 45件  (2015年度)
リンク先
日本語URL: http://hokuso-h.nms.ac.jp/
施設内設備状況
ベッド数  : 600床
VIP導線   : 有 
第三者認証
公益財団法人日本医療機能評価機構認定「病院機能評価」Ver.1.0(一般病院2)
厚生労働省認定「がん診療連携拠点病院」
厚生労働省選定「外国人患者受入れ拠点病院」
スタッフ
所属医師数:    常勤 215名/非常勤 18名
所属看護師数:  常勤 571名/非常勤 3名
お問い合わせ

この病院で受けられる医療プログラム

  • 健診・検診

    循環器プレミアム専門ドック(日本医科大学千葉北総病院)

     循環器疾患は、突然発症し、一瞬で生命を奪ったり、生命の危機を脱したとしても、後遺症が残ることも少なくはありません。重大疾患の予備軍を発見できれば、早期治療を行うことができます。 動脈硬化等の血管異常のみならず、突然死の恐れもある虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症等)のリスクを調べるために、冠動脈造影CT検査、心臓超音波検査、頸動脈超音波検査、ABI/PWV検査、マスター負荷心電図検査等を行います。また、血液検査では、腫瘍マーカー検査、甲状腺機能検査、生活習慣病検査等が含まれており、全身の健康状態を確認します。

    実施病院:日本医科大学千葉北総病院 関東/千葉県

  • 健診・検診

    消化器+PET-CTプレミアム専門ドック(日本医科大学千葉北総病院)

     消化器がんの予防と早期発見を目指します。上部消化管内視鏡検査では、食道・胃・十二指腸までの精密検査を行います。腹部超音波検査では、体の外から肝臓、胆のう、胆管、すい臓、脾臓、腎臓を観察します。 また、血液検査では、腫瘍マーカー検査、胃癌の発症と強い関連性をもつヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)検査、肝炎検査、甲状腺機能検査、生活習慣病検査等が含まれており、全身の健康状態を確認します。 午後は、日本医科大学直営の健診医療センターへ移動し、PET-CT検査で全身のがん検査を行います。

    実施病院:日本医科大学千葉北総病院 関東/千葉県

  • 健診・検診

    消化器プレミアム専門ドック(日本医科大学千葉北総病院)

     消化器がんの予防と早期発見を目指します。上部消化管内視鏡検査では、食道・胃・十二指腸までの精密検査を行います。腹部超音波検査では、体の外から肝臓、胆のう、胆管、すい臓、脾臓、腎臓を観察します。 また、血液検査では、腫瘍マーカー検査、胃癌の発症と強い関連性をもつヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)検査、肝炎検査、甲状腺機能検査、生活習慣病検査等が含まれており、全身の健康状態を確認します。

    実施病院:日本医科大学千葉北総病院 関東/千葉県

  • 健診・検診

    脳プレミアム専門ドック(日本医科大学千葉北総病院)

     脳の重大疾患は、突然発症し一瞬で生命を奪ったり、言語障害や麻痺等の介護負担の高い後遺症を残すことも決して少なくありません。精度の高いMRI・MRA検査や頸動脈超音波検査により、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍等の早期発見を目指します。脳梗塞の予備軍である血管狭窄やくも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤の有無、血管の動脈硬化の状態を把握し、将来の脳血管疾患のリスクを調べます。また、腫瘍マーカー検査、甲状腺機能検査、生活習慣病検査等を血液検査で実施し全身の健康状態を確認します。

    実施病院:日本医科大学千葉北総病院 関東/千葉県

ページの先頭へ